人を惹きつけるための宣伝をするには?

写真撮影の出来栄えからのプラスアルファ

手作りウェディングアイテムの写真のクオリティーが良い場合でも、人を引き付けるための文章を書くことが出来なければ購買に繋がる可能性が下がります。写真では伝えきれないサイズや素材、重量のような商品の特徴や手作りならではの魅力を発信できれば、お客さんに購入してもらえる可能性は高まるでしょう。

文章の記述をする際は、商品の特徴やメリットを完結に伝えるようにしましょう。理想は600文字以上であり、魅力を伝えるにはある程度の文字数が必要となるのが伺えます。ただし、だらだらと書けば良いわけではありません。

また、キャッチコピーという商品を引き付ける宣伝文句やタイトル選ぶも大切な作業の1つとなります。安さや製造に使用した材料のことを伝える以外に、手作りならではの想いも発信することはおススメです。

客層に合ったものを販売するために

手作りウェディングアイテムの作成は万人受けを目指すのも可能ですが、ある程度客層を絞る方が作成をしやすくなります。結婚を考える世代に合ったものが特におススメで、女性は20代が結婚のピークとのデータもあるようです。その場合は、20代の女性に絞り宣伝に繋がる文章作成をするのも有効な方法となります。

ブーケやプレートをはじめ商品の特徴以外に、得られる利益も伝えられるとお客さんにお得感を届けられます。花言葉を入れることやインテリアでの使用が可能など、いくつかセールスポイントを入れましょう。また、疑問や不安を解消できる文章を書けるとお客さんへ安心感を与えられます。例えば、ウェディングプランナーの資格保持者が作成など、人を惹きつけるワードを入れるだけでプラスになるのが期待できます。

一方、他所より高いなどデメリットはあるかもしれませんが、上手く伝えることができると安心や信頼を得ることに繋がります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top