値段設定をする場合のポイント

先ずは原価に注目する

手作りウェディングアイテムには、材料費や作成に掛かった労力などいくつかの費用が発生しています。また、SNSなどで宣伝をした場合はその費用が発生している場合があります。単に安さを売りにするのも可能ですが、赤字になってしまっては良くありません。

原価価格を決める場合の計算式は、原価から原価率で割った数字となります。原価が1,500円の場合、原価が30パーセントなら5,000円となります。相場におけるイメージを抱くのが難しい人は、商工業の実態基本調査を確認すれば凡そのデータはあります。また、他の出品者の販売価格などを情報収集したうえで決めるのも1つの方法です。

相場より安すぎても却って安っぽい印象を与えてしまうので、原価率は見逃せないポイントです。そのうえで、適正価格の設定をしましょう。

理想的な値段設定は?

自分でネットに出品をするうえで販売を行う強みとして、自分で価格設定ができることです。適正価格の提示を行い、お客さんのニーズに合えば1つの取引成立となります。しかし、出品者目線ではなく顧客目線で行う必要があるので、少なからず研究は欠かせません。手作りウェディングアイテムでも、高い品質の材料の使用や技術力があれば高く設定しても購入してもらえる可能性は高まります。

しかし、ネット販売であってもサイトのセール期間中などで値下げ競争は起こる時があります。そこに乗るのも1つの方法ですが、人によっては低価格帯のウェディングアイテムとの評価をされかねないので注意しましょう。

また、競合他社より安い価格でないと売れない時は、材料や宣伝方法の再研究は必要かもしれません。最初は難しいかもしれませんが、様々な方法を試しながら着地点を見つけてください。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top